研修プログラムの詳細情報

研修名 地方自治体 一般職員向け 情報セキュリティ研修
担当講師
対象者 地方自治体の一般職員の方
研修形式 集合研修、リモート研修、ハイブリット研修(集合研修+リモート研修)、動画教材作成納品
研修日程 クライアント様のご希望の日程で、、60~120分
研修内容 地方自治体には、機密情報や個人情報などの情報が多く保管されており、システムに不具合が生じ、サービスが停止すると、社会的に大きな影響を与える可能性もあります。このため、情報通信技術が発達した現代社会においては、適切な情報セキュリティ対策を実施することは、当然の責務となっています。

この研修は、情報セキュリティに関する基礎知識を身につけ、日頃から対策に気を配り、業務を安全に遂行できる職員になることを目標にしております。
カリキュラム例

・情報セキュリティの基礎
・情報セキュリティの基礎知識
・情報セキュリティとは
・個人情報漏えいインシデント
・個人情報漏えいの原因(事故件数)
・国内セキュリティインシデント
・インシデント事例
・一般的な攻撃と「標的型攻撃」の違い
・標的型攻撃メール
・「ランサムウェア」とは
・情報セキュリティ対策と代表的な対応
・情報セキュリティの3 要素 機密性、完全性、可用性
・各要素の格付けとその定義
・最新の情報セキュリティ動向
・情報セキュリティ10 大脅威
・国等の情報流出等の事案とその影響
・テレワークでの個人情報紛失
・システムからの情報の窃取 内部不正
・業務外のインターネット利用のリスク
・ランサムウェアによる深刻な被害
・協力企業の子会社へのサイバー攻撃による国内全工場の停止事例
・サプライチェーン構造の変化
・社会的に影響の大きい情報セキュリティ事案
・代表的なサイバー攻撃の例とその影響
・行政機関を取り巻く情報セキュリティ
・内閣サイバーセキュリティセンターとは
・我が国におけるサイバーセキュリティ政策推進体制
・重要インフラの防護に係るNISC の活動
・「政府機関情報セキュリティ横断監視・即応調整チーム(GSOCGSOC)」とは
・政府機関等の情報セキュリティ対策のための統一基準群とは
・政府機関等全体における情報セキュリティのPDCA サイクル
・職場における情報セキュリティ
・情報セキュリティに対する職場の取組について
・巧妙化する不審メールの手口
・不審メールを見破る着眼点
・不審なメールを受け取ったら
・プロキシ(ProxyProxy)サーバの送信認証

研修のご相談はこちら

講師ご登録のお問い合わせはこちら